生命保険 第3話 最強の生命保険は何なのか

最強の生命保険はいったい何なのか

 

第3話 「漢字」、「ひらがな」の会社はやめとけ。

 

雑誌でもテレビでもネットでも「ベストな保険」と銘打った様々な比較やランキング。

大体は、保険会社の広告なんですがね^_^;

 

さて、国内の生命保険会社は25~27社。

仮に扱っている保険の商品が10種類だとして、ざっと250~270種類。

1つの保険に様々な特約を組み合わせることができるので、バリエーションは軽く数千。

さすがに、数千の中からベストな保険なんて自分じゃ選べない。

だから、今話題の来店型保険ショップに行けば一番いい保険を選んでもらえる!

冷静に考えれば、向こうからすればいいチャンスなわけだ。

予算さえ聞き出せば、予算いっぱいまで好きに売れるから。

 

さて、タイトルの趣旨は、「カタカナ」会社がいいと言うより、「漢字」、「ひらがな」がダメという意味。

なぜか。

どの商品も、お客に損をさせて会社が儲ける仕組みになっているから。

会社が儲けるのはダメではない。

ただ、「カタカナ」会社は、お客に得をさせて会社も儲けるという成果主義の欧米の考え方を取り入れているところが多い。

残念ながら「漢字」、「ひらがな」は、早死にしなければ元を取らせないセコイ商品が目立つ。

自信がない方は、1時間の無料相談をおススメします。

 

いずれにしても、「漢字」、「ひらがな」だけでも捨てれば、残りは2割くらいになるはず。

 

次回は、「誰から」について書きたいと思います。